Creo のお客様事例: スケルトンは JR Automation 社の大規模アセンブリに重要

経済学者が景気回復について話すとき、多くの場合、職の次の供給元として、起業家に注目します。そこで私は、ミシガン州ホランドにある JR Automation 社の話をご紹介いたします。この企業は、1980 年に 1 人の男によって倉庫で設立されました。現在、ミシガン湖東岸部近くの 120,000 フィートの施設で、200 人以上の従業員を雇用する規模にまで成長しています。この企業は、無数のタスクを実行するシステムを設計、製造しています。通常、システムには高度なロボット機構が統合されます。それらの機械は、PVC パイプにバーコードをスタンプしたり、多数のさまざまな部品を複数のポイントで溶接したり、複雑な航空宇宙アセンブリを製造したりすることもできます。JR Automation 社の話によると、プロジェクトはさまざまで、クライアントごとに固有のニーズがあります。それが大きな理由で、この企業では、スタッフとして 60 人を超えるエンジニアを雇用しています。また、同じ理由で、この企業は “最大限に” Creo Parametric を活用しています。たとえば、設計が変更された場合は、確実にCreo Parametric によってデータが自動的にダウンストリームに伝搬され、工作機械と製造機械で更新されます。JR Automation 社ではさらに、Creo Simulate を使用して、設計の仮想プロトタイプを解析してシミュレートしています。要するに、この企業は、概念設計から製造に至るまで、自動化ラインの製品ライフサイクル全体を管理しています。The Product Design Show のこのエピソードで、JR Automation 社の全体像、つまり、非常に複雑で大規模な組み立てラインについてご紹介いたします。複数のエンジニアはどのように、互いの領分を侵さずに、1 つのシステムで作業しますか。最終的な各詳細の完成前に、どのようにプロジェクトを開始しますか。ヒントとして、それはすべてスケルトン (および何らかの優れたファイル管理) を使用して行われます。それらの答えについては、ビンスとアリソンが説明します….

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>