Creo のお客様事例: モザイク模様のハマグリ形の Debenhams デパート

2009 年に、Hopkins Architects 社は新たな顧客開拓の拠点を発表しました。英国サリー州セント・エドモンドにある Debenhams デパートです。このまったく斬新な建築物について、人々がどのように考えるかはわかりませんでした。建築家は、この建物がハマグリのように見えるのが狙いだと言いました。批評家は、少しモザイク模様に見えることに気づきました (CAD 設計者もきっと同じ意見でしょう)。そのターバンのような外観が、鮮やかな青い光によって分割された、ダイヤモンドのようなパネルで構成されているためです。やがて周囲の建物やプラザとともに完成した 3 階建ての Debenhams デパートは、個性的かつ現代的で、洗練された外観を備えています。この建物は実際、ランドマークになりました。しかし、それらのパネルについて、詳しくお話しましょう。

建築家は自身の意図するものを設計します。しかし、その建築家のビジョンをブロックとモルタルを使用して形にするのは、CA Group 社のような企業です。今回は、砂型アルミニウムを使用しています。CA Group 社は、建築用途の外装を専門とし、この手法を建物の正面に使用したのは、きっと今回が初めてのことです。外装は、385 通りのそれぞれ異なる形状で構成された、約 3000 個のさまざまなパネルから成ります。「この斬新な建物を創り出すために」と CA 社の話は続きます。「弊社の最先端の 3D サーフェス モデリング ソフトウェアを利用する必要がありました。それは、自動車および航空宇宙製造業で使用されているソフトウェアに似ています。建築家は非常に高度な CAD パッケージで作業するため、建築家のデザインを正確に再現し、複雑な形状と構造を設計できるシステムを使用する必要がありました。そこで選んだのが Creo Parametric です」。CA Group 社をはじめ、土木工学に Creo を使用したケースでの成果については、The Product Design Show のこちらのエピソードをご覧ください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>