将来のエンジニア向けの設計ソフトウェア

業界に関する報道に遅れずについていっていれば、製造業界に広範な崩壊が間もなく生じることを多くの人が予測していることがわかります。世界各国の指導者が工場に対してインセンティブの提供を目論むことで、政治的な崩壊が進むということではありません。むしろ、技術的な崩壊 (安価な 3D 印刷地域の工業中心地のような考え方が原因) が確固となっています。変革がどのように展開していく可能性があるかの話し合いでは、さまざまな意見があります。しかし、誰もの意見の一致する 1 つの予測があります。それは、より多くの設計者とエンジニアが必要になるということです。しかも、大量に必要になります。そこで、PTC の教育プログラムの SVP であるジョン・スチュアート (John Stuart) に意見を伺うことにしました。彼のチームは、世界中の機関および学生向けに、次世代のエンジニアの触発と準備のための、カリキュラムの開発、導入、サポートを行っています。彼にそのしくみについてお話いただきました。

GH: トレーニングに関する PTC の戦略について教えていただけますか。
スチュアート: 共通の価値を探しています。雇用者、学校関係者、学生の誰もが、参加することから、イニシアチブ メリットを受けるというものです。

GH: たとえば、どういったものでしょう。
スチュアート: 教育機関と提携して、工学部の卒業生を当社の顧客に紹介するといったものです。当社の顧客と連携して、大学、専門学校、養成所をサポートしています。また、学生が地元最大の雇用者が使用するツールとプロセスについて確実に経験を得られるようにしています。

GH: この戦略の背後にある重要な戦術について教えていただけますか。
スチュアート: 実際に 4 つの重要な戦術があります。第 1 に、当社は、教育機関と業界との間の上位のエンジニアリング イニシアチブに参加します。第 2 に、大学、専門学校、養成所での存在感を拡大します。第 3 に、各種教育機関および STEM プログラムに深くかかわります。第 4 に、当社のソフトウェア製品を学生が簡単に利用できるようにします。

GH: PTC は有名な学生エンジニアリング コンテストにかかわっているようですが …
スチュアート: 当社は STARBASEReal World Design ChallengeFormulaSAEFIRST のような、業界の既存の教育的イニシアチブに協力しています。これらのエンジニアリング イニシアチブは、優秀な学生を引きつけます。実際のエンジニアリング プロジェクトを課題として学生に与え、当社のいくつかの大口顧客から業界独自の指導教育を受けることもできます。当社の目標は、学生がこれらの課題に参加する場合、使用可能な最良のソフトウェア ツールとトレーニングを確実に利用できるようにすることです。毎年、より多くの学生チームと顧客に参加いただくようにも努めています。

GH: PTC は大学、専門学校、養成所にもかかわっていますか。
スチュアート: もちろんです。そのレベルで多くの活動を行っています。米国、ドイツ、インド、中国のような国で、エンジニアの需要と供給は、少なくとも 2 : 1 で、需要が供給を上回っています。一部の国では、5 : 1 です。各国の政府は、技術系専門学校と上級養成所を増設して、より多くの若者をエンジニアリングに奨励するプログラムに投資しています。このように、既存の大学とこれらの新設の専門学校および養成所と連携して、確実に PTC 製品がカリキュラムで重要な役割を果たすようにしています。

GH: 高校についてはどうお考えですか。
スチュアート: スチュアート: 当社では、9 ~ 13 歳の若者にエンジニアや科学者になるための機会を与えています。PTC が FIRST や Real World Design Challenge、STARBASE などの設計コンテストに協力していることが、ここでも重要なイニシアチブとなっています。

GH: 個々の学生についてはどうお考えですか。
スチュアート: 学生は、当社のソフトウェア、たとえば Creo Parametric、Creo Direct、Mathcad の無料のバージョンを利用できます。また、学生が製品に精通するために役立つように、無料のチュートリアルのライブラリを利用できるようにしています。

GH: PTC のトレーニング プログラムの独自な点について教えていただけますか。
スチュアート: このプログラムでは、2D および 3D 設計ソフトウェア、工学計算、製品ライフサイクル管理など、広範なソフトウェア テクノロジとサポート ツールを提供しています。それを私は、トレーニングへの 360 度アプローチと呼んでいます。Creo についてお話しましょう。当社は段階的カリキュラムを提供しています。新規参加の学生には、ダイレクト モデリング手法を使用して、3D で作業してもらいます。より経験のある学生には、Creo の強力なパラメトリック モデリング ツールである Creo Parametric で開発したプロジェクトについて、トレーニングを受けてもらいます。当社はまた、クラウド上のサービスとして、カリキュラム教材、プロフェッショナル学習管理ツール、PLM の豊富なセットも提供しています。

GH: これまでの成果を要約していただけますか。
スチュアート: 事実上、PTC トレーニング プログラムを修了した何万人もの学生が毎年、卒業しています。Creo については、新しい 360 度アプローチを使用して、市場で最も総合的なプログラムの 1 つを提供しています。[編集メモ – 今後の記事で、世界中で実施されているスチュアートのトレーニング イニシアチブと活動のより詳細をご覧いただけます]

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>