Creo での 2次元 構想設計

現在の CAD 業界では、「2D」という言葉はあまり良い意味では使われなくなっていますが、そんなことはありません。多くの構想設計者は、2D CAD ツールで詳細な 2D 構想設計を作成してから、別の 3D CAD システムに切り替えるか、3D モデルを作成する同僚に 2D 設計を引き渡すという方法を採っています。しかしこうした作業にはデータの再作成に多大な時間を要し、エラーを誘発するという問題があります。スタンドアロンの 2D CAD アプリである Creo Layout は、設計プロセス内で 2D と 3D の両方のメリットを活用できるようにすることで、この問題を解決します。詳細な構想設計を 2D で手早く作成し、寸法やアノテーションなどの詳細情報を追加してから、この 2D データを Creo Parametric で 3D 設計に活用することができます。アプリ間、2D / 3D 間で設計データをシームレスに移動し、設計意図を詳細に取り込むことができます。後で 2D 設計に変更を加えた場合でも、3D 設計が自動更新されます。以下の新しいビデオでは、Creo を利用して、2D と 3D を同期させながら目的に合った設計手法で作業を進める方法について、実例を交えて紹介しています。Creo では 2D データと 3D データが関連付けられており、2D でレイアウトに加えられた変更内容は、自動的に 3D にも反映されます。2D と 3D 設計の併用に関するブログ記事のリンクを、以下でいくつかご紹介します。

2D 設計の価値を再確認できる内容となっています。ご意見をお寄せください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo 2.0 の特長 、タグ: , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>