Creo のお客様事例: Livengood 社は病室を整頓

病院での転倒は患者にとって危険であり、驚くほどよくあることです。実際、転倒回数は施設の品質指標として使用されることがよくあります。しかし適切な方法では測定されていません。どの病院も事故件数の多い病院にはなりたくないためです。医学雑誌では、患者の転倒の原因を特定して予防策を見つけ出すための調査記事満載です。しかし、研究者は “患者の転倒” について年齢と投薬の影響を熟考していますが、Livengood Medical 社はエンジニアリング ソリューションの可能性を考えています。Livengood 社は “モバイル看護環境” を設計、製造しています。それはつまり、患者の複数のチューブ、IV バッグ、ポンプ、酸素、電子モニターのすべてを 1 箇所に収容できる、ポータブル カートです。病室を整頓して、頑丈で移動可能なプラットフォームに重要な機器を配置することにより、Livengood 社は次のように多数の問題を解決しています。

  • 手術室に、検査施設に、シャワーにさえ、患者は救命機器を取り付けたままで移動できます。
  • 患者は歩行者のように、病院の廊下をカートで自分で移動できます。
  • 病院スタッフや家族はすべて、患者のまわりをより安全に自由に移動できます。
  • 病院では、Livengood 社のプラットフォームにより、患者の看護に必要なスペースが大幅に削減されるため、災害、流行病、その他の衛生上の緊急事態の発生時、患者の急増に対応するための柔軟性が高まります。

21 世紀の現在、患者には非常に多くの医療機器が取り付けられており、ベッドの周りにケーブル、チューブ、コードが散乱していることがあります。このような環境は不便かつ危険です。すべてを 1 箇所に収容でき、患者を移動、サポートできる、安定したモバイル プラットフォームがあれば、患者を移動するとき、病室内を動き回るときにさえ、すべての種類の事故のリスクが低くなります。起業家精神に富む Livengood 社が、柔軟性を実現するために Creo のダイレクト モデリング手法を導入したのは、顧客要件の移り変わりが速く、製品開発の後半になって状況が変わることもあるためです。どのようにして企業が Creo を使用して価値を引き出すことができるかの、すばらしい例です。Livengood 社については、The Product Design Show のこちらのエピソードをご覧ください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>