中堅小規模企業の PLM ニーズに対応する

製品ライフサイクル管理 (PLM) ソフトウェア システムは単なるソフトウェアの一種ではなく、企業のさまざまな構成要素や部門 (コンセプト、詳細設計、製造、マーケティングなど) を一体統合型のシステムにまとめ上げる役割を果たします。製品が市場に送り込まれ、最終的に廃盤となるまで、製品ライフサイクル全体にわたって企業の知的財産を結合、共有するためのシステムです。PLM を利用すると、製品開発プロセスに携わる各部門がお互いに同期化し、開発プロセスを効率化して競争優位性を高めることができます。PLM ツールは設計の全段階をサポートし、設計関係者のコラボレーションとコミュニケーションを促進します。効果的に導入できれば、市場投入期間を短縮し、作業の無駄とやり直しを削減できるほか、設計の再利用を促進することもできます。PLM の効果が詳細に文書化され、実証されていくにつれ、収益向上を目的としてこのシステムの導入効果を調査する中小企業 (SMB) が増加しています。しかしほとんどの場合、こうした規模の大きくない企業は、コストと機能の問題、そして大部分の機能を設計プロセスに生かせないという理由で、全社規模のシステムを有効活用できていません。こうした問題は、PLM テクノロジは元々、自動車や航空・宇宙業界の大企業が導入し始めたものだったということに起因しています。莫大な予算と複雑な製品開発プロセス、広範なサプライ チェーン、そして複雑な製品ラインを持つ大企業のためのシステムだったのです。

課題
Aberdeen Group 社が行った調査から、中小企業が PLM の導入の際に直面することが多い課題は、導入コスト、業務プロセスの変更の必要性、導入とトレーニングを支援する社内リソースの不足といった点であることがわかっています。一部の業界アナリストは、中小企業向けの PLM システムは製品開発の基本要素 (製品データ管理、設計リリース、変更管理) に重点を置き、カスタマイズされたソリューションではなく、既製またはテンプレート化されたソリューションとして提供されるべきとも考えています。中小企業特有の問題と、それらのニーズに PLM システムでどう対処していくのかを、以降で詳細に見ていこうと思います。

より小規模、より細やかなシステム
規模の小さな企業は予算と開発製品が少なく、顧客ベースも小規模なため、PLM ソフトウェアは特定の市場セグメントに適した機能を備え、小規模な組織には必要のないモジュールやアプリケーションが省略されたものでなければなりません。
より短期間での導入
巨大な PLM システムは、導入プロセスが半年以上もの長期間にわたる場合がほとんどです。しかし中小企業の場合は、より迅速な導入が可能で、長期にわたるサポートの必要がなく、簡単に管理できるシステムでなければなりません。
より使いやすいシステム
大企業では、少人数のチームがエンタープライズ レベルの PLM の全機能を習得するために割り当てられます。一方、中小企業では、各従業員がさまざまな作業に従事していることが多いため、PLM は短期間で習得できる使いやすいものでなければなりません。

PLM 市場にはいくつか変化が訪れており、中小企業の顧客がより簡単に購入、導入したうえで、メリットを得ることができる PLM ソフトウェアが増えてきています。大企業向けの PLM 製品を中小企業向けに再構成し、低コストで提供しているベンダーもいます。より少ない IT コストでより迅速に導入できる、モジュール型 (企業が必要な機能だけを選んで購入できるということ) の PLM システムを開発している小規模なベンダーもいます。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>