Creo のお客様事例: 概念設計の勝者、Arc Touch Mouse

Microsoft 社のデザイナーが Arc Touch Mouse を夢に描いたときに考えていたのは、形状、人間工学、携帯性のことでした。このデバイスは、平らにして簡単にノートブック パソコン用バッグに収納することができ、使うときには美しいアーチ状になります。物理的には、手に収まりがよく、スクロール時やクリック時に触覚 (触っているという感覚) によるフィードバックを提供します。Creo Parametric でモデル化されたこの次世代マウスは、ネズミのような従来のマウスと似たところがまったくといっていいほどありません。そしてそれは結果的に良いことであるとわかりました。Microsoft 社のデザイナーが早期の概念設計で最初に作成したのは、見慣れたネズミ型に近いものでしたが、スピード ボートやビーチ マットに似たプロファイルも検討しました。ありとあらゆるものが議論の対象になったといっても過言ではありません。そして、それこそが私たちの提案するポイントです。Creo 1.0 のリリースにおいて概念設計をこれほどまでに重視した理由はそこにあります。すべての点が議論の対象となれば、開発者はさまざまな探求が可能となり、製品イノベーションを進めることができます。少なくとも Microsoft 社ではそのとおりとなりました。Arc Touch Mouse は、これまでに 2 つの大きなデザイン賞を受賞しています。

  • red dot online の審査員は、そのシンメトリックなデザインとバランスのとれたプロポーションを評価し、この製品に 2011 年最優秀賞を授与しました。
  • 一方 IDSA は、このマウスは「触覚フィードバックが非常によい」と評価し、「非常にすばらしい出来」だとして 2011 年 IDEA 金賞を与えています。

Arc Touch Mouse はユーザーの間でもヒット商品となっています。オンライン レビューでは、「シャープ」で「スタイリッシュ」であると評価されています。さらに重要なことには、ユーザーは、その審美性とフォルムが購入の決め手となったとしています。あるオンライン レビューアの言葉を借りれば、「見た目がかっこいいから買った」ということです。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>