設計サプライ チェーンの拡大により、マルチ CAD のサポートのニーズが増大

製品開発の合理化による生産性の向上は、成功している製品製造メーカーが競合他社と異なる点であり、革新的な製品をより迅速に市場に届けることを可能にします。これらの市場の “勝者” が持つ重要な能力の 1 つに、複数のフォーマットの CAD データを効率的に処理する能力があります。設計チームの分散化と設計サプライ チェーンの拡大が進む中、そうした状況が現実となっています。サプライヤ ネットワークを活用するために企業がパートナーシップを結ぶ際には、CAD システム間 (およびパートナー間) で、ジオメトリを再作成することなく、モデル ジオメトリをスムーズにやり取りできるソリューションが必要です。そのソリューションには、インポートしたサードパーティの CAD データのジオメトリを操作および編集できる機能も必要です。さまざまなサプライ チェーン パートナーが異なるタイム ゾーンに分散し、異なるサイトで設計データを複製する必要がある場合は、CAD データを複数のフォーマットで送受信できるだけでなく、そのデータで作業できることも必要です。それができない場合、顧客やサプライ チェーン パートナーの価値ある設計チーム メンバーとのコラボレーションを効率的に行うことができません。

マルチ CAD 環境では、複雑さが増し、関連する部品やアセンブリのコンテキストで設計作業に支障が出る可能性があります。こうした複雑性に対処する戦略はさまざまです。複数の CAD システムを購入して、ソリューション間で製品データの変換を行うことを選択する企業もありますが、それは、コストが高くつき、労力を要するソリューションです。単純に、インポートしたジオメトリを再作成する場合もありますが、それでは貴重なサイクル時間が無駄になるだけでなく、後工程に損害の大きな影響をもたらしかねないエラーが発生する可能性が生じます。製造メーカーがこれらの課題に対処するには、ビジュアリゼーション インポート機能を備えた CAD システムを選択する必要があります。この機能を使用すると、ほかのシステムの 3D モデルを簡単にインポートできるため、ジオメトリのクリーンアップやモデルの再作成のための負担が軽減します。新しい柔軟なモデリング ツールでは、受け取った人が、インポートしたジオメトリに修正を加える能力が向上しています。仕組みはこうです。ユーザーは、別の CAD システムで作成されたネイティブの CAD ファイルを自分のシステムにインポートします。ユーザーは、製品構造とジオメトリを参照して、そのジオメトリに直接変更を加え、さらにパラメトリック情報を後から追加することができます。ユーザーの時間を大幅に節約できる重要な新しい CAD 機能がもう 1 つあります。それは、別の CAD ツールで作成された CAD モデルをインポートして、そこに変更を加えると、それが自動的に認識され、元のモデルが連携的に更新されて変更が反映される機能です。この新しい方法により、モデルの再作成の必要がなくなるため、ユーザーは、新しい設計の作成と最適化に集中することができます。

プロセスの同期
さらに、エンジニアリング チームは、サプライ チェーン全体にわたって、コラボレーションによる設計プロセスを効果的に維持および追跡する必要があります。この中には、すべての人が設計の正しいバージョンで作業するよう徹底することが含まれます。また、その設計データへのアクセスを制御して、貴重な IP を保護する必要があります。製品ライフサイクル管理 (PLM) ソリューションの導入は、安全で効率的なサプライ チェーン コラボレーションに大いに役立ちます。これらのシステムは、単一のデータ リポジトリを確立することで、マルチ CAD 設計データの管理とバージョンの追跡を支援します。また、データが一元化されるので、完全なデジタル製品定義の開発に CAD ツールをいくつでも使用できます。PLM ソリューションでは、マルチ CAD データが単一のシステムで保存および管理されるため、連携するチーム間で、複雑な設計とそれらに関連する変更を効率的に同期することができます。コラボレーションをサポートするため、PLM システムは、CAD の影響を受けない製品データを社内外の関係者と共有できる、安全なワークスペースを提供します。製品の複雑性が増し、製品開発の分散化が進む中、多様なフォーマットの CAD データの管理と作業を支援する新しいツールを採用する能力は、企業が品質の向上、市場投入期間の短縮、コストの削減とともに、収益増大と収益性向上を実現する助けとなります。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>