Creo のお客様事例: BioGasol 社の改善されたバイオ燃料

かつてはバイオ燃料が答えでした。覚えていらっしゃるでしょうか。安価なトウモロコシを燃料に使った車を運転し、よりクリーンな空気を呼吸し、石油の輸入ゼロを宣言する日が来ると誰もが信じていました。しかし残念ながら、再生可能な燃料のみを使用する未来の種をまこうとした最初の試みは、意図しない結果をもたらしました。バイオ燃料のために燃料用穀物の新たな需要が生まれたことで、価格が上昇し、食物用穀物が不足するリスクが生じました。農家の経営状態が向上したのは良いことです。しかし、世界で 9 億人以上が飢えに喘ぐ中で、秋の実りを自動車に回すことの倫理性に疑問を抱かざるを得ませんでした。実際、世界のトウモロコシ供給量の 26% がエタノールとして燃やされているのが現状です。これは、数百万人分の食糧を賄うのに十分な量です。このことは、代替エネルギー源としてのエタノール使用推進の取り組みを中止する正当な理由となると言う人もいます。米国農務省 (USDA) はこれを否定しています。USDA は 2006 年の報告書で、米国の食用トウモロコシの輸出量が以前より減っているのは事実だが、トウモロコシに代えてセルロース性バイオマスを利用できる可能性があるとしています。セルロース性バイオマスは、通常食卓では目にしない植物原料です。たとえば、おがくず、森林の伐採材、雑木林、トウモロコシの茎葉などがこれに含まれます。今日、こうしたバイオマスの多くが利用されていません。しかし、USDA は、新しいテクノロジによって、世界の食糧供給に影響を与えることなく、米国内のガソリン消費量の少なくとも 30% をこれに置き換えることができるとしています。ここで、Creo をご利用のお客様、BioGasol 社をご紹介します。このデンマークの企業は、まさにそうした新テクノロジを開発しています。同社が “第二世代” のバイオエタノールと呼んで開発しているのは、リグノセルロース系バイオマスから作られる燃料です。BioGasol 社では、Creo Parametric を使用して、自社の革新的な燃料製造プロセス用に、パラメトリックに拡張可能な機器および工場を設計しています。

Image courtesy of Biogasol

これらの第二世代工場では、トウモロコシの茎などの原料の前処理、加水分解、発酵、蒸留を工業規模で行ってエタノールを製造します。さらに、持続可能性を高めるために、プロセス内で水をリサイクルし再利用します。BioGasol 社は、持続可能なエネルギーにおける同社の展望とイノベーションに対して数々の賞を受賞しています。現在は、米国エネルギー省とデンマーク政府から多額の助成金を受けています。さらに、BioGasol 社は甘味料その他の食品添加物のグローバル サプライヤである Tate & Lyle 社と共同開発契約を結び、同社が毎年廃棄する数千トンのトウモロコシ繊維からのバイオエタノール製造について検討しています。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

1 個のコメント

  1. 投稿日時: 11月 18, 2011、1:22 pm | パーマリンク

    great article

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>