Creo のお客様事例: 機械メーカーがスパゲティを極める

思いもしないかもしれませんが、あなたが昨夜の夕食に召し上がったパスタは、設計開発の成果といえるものなのです。おそらく麺は長さも直径も一様で、均一に調理され、色もすべて同じだったのではないでしょうか。こうした完璧さは容易に実現できるものではありません。Creo をご利用の Pavan Group に尋ねてみてください。同社は、常に同じ麺を提供するための産業用パスタ製造機を製造しています。Pavan 社の製品は次の要件を満たすよう設計されています。

  • かくはん機をすばやく解体して隅々まで清掃できる。
  • パスタの形状に応じてダイを簡単に交換できる。(Wikipedia には 100 種類以上のパスタがリストされているのをご存知ですか?)
  • 乾燥段階では湿度と乾燥時間が常に一定に保たれる。

Pavan 社では、澱粉の膨潤や変色が起きないよう徹底しています。こうした現象によって食品の味が損なわれることはありませんが、品質にばらつきがあると消費者に敬遠されます。こうした細かな点に注意を払うことで、Pavan 社は産業用パスタ製造機の世界的リーダーとなりました。今日、Pavan 社は世界で 35% の市場シェアを持ち、120 カ国に機器を販売しています。絶えず変化する顧客や市場のニーズに Pavan 社が対応するうえで Creo のダイレクト モデリング手法がどのように役立ったかについては、こちらをご覧ください。「Creo では、設計ツールがサポートしている手法ではなく、設計そのものに集中することができます」と Pavan Group のテクニカル ディレクターのサンドロ・ラセラ (Sandro Rasera) 氏は話します。「それは、弊社の真の技術的資産、つまり設計チーム全体で長年にわたって蓄積された専門知識を最大限に活用できることを意味します」Pavan Group は、Pavan (パスタ用機器)、Mapimpianti (スナック、ペレットや直接膨張スナック、シリアルやパスタ、積み重ね可能なポテトチップの製造ライン用の調理押し出しシステム)、Toresani ([具入り] 生パスタやニョッキの製造機)、Montoni (ダイ)、Stiavelli (包装機器)、Dizma (包装機器)、Pizeta (既成のコンベヤー システム) といったブランド名で機器を販売しています。設計開発の視点で見たときのスパゲティの面白さにまだご納得いただけない方は、こちらをご覧ください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>