2013 年の主な戦略的テクノロジ トレンド

企業が戦略的な優位性を獲得するために実際に利用可能なモバイルデバイス、アプリケーション、ビッグ データ。Gartner 社は、新年に向けて企業に最も大きな影響を与えるテクノロジ トレンドとしてこれらを挙げています。Gartner 社のアナリストは、今後 3 年間で企業に最も大きな影響を与えるであろう問題を明らかにするために、2013 年のテクノロジ トレンドのトップ 10 をまとめました。ここでの “大きな影響” を意味する要因には、IT またはビジネスに混乱を招く可能性、多額の投資の必要性、導入が遅れることのリスクなどが含まれます。ここで、2013 年に製品開発組織に最も大きな影響を与える可能性があるそれらのトレンドのいくつかを見ていきましょう。

モバイルデバイス戦争の継続
Gartner 社の予測によると、携帯電話は、PC を越えて、世界中で、最も一般的な Web アクセス デバイスになり、2015 年までには、成熟市場で販売される携帯端末の 80% 以上がスマートフォンになるでしょう。2015 年までには、Google の Android と Apple の iOS が OS 市場を支配し、ラップトップ製品の出荷数の約 50% をタブレットが占めるようになるでしょう。企業は、より幅広いフォーム ファクタのサポートが必要になるため、PC とタブレットのハードウェアの標準化がより難しくなります。脱 PC 時代が到来し、Windows は、IT がサポートしなければならない数多くの環境の 1 つに過ぎない存在となるでしょう。

モバイルアプリと HTML5
消費者向けおよび企業向けモバイル アプリの作成ツールの市場に関しては、ツール ベンダーの数があまりに多いため、不透明で予測困難な状況が続くと見られます。今後数年間は、1 つのツールですべてに適切に対応できるようにならず、複数のツールを使用することなるものの、長期的には、HTML 5 の能力が高まるにつれ、ネイティブ アプリから Web アプリへのシフトが進む、と Gartner 社は見ています。

いろいろなもののインターネット化
カメラ、マイク、拡張現実、建物、あらゆる場所の内蔵センサなど、ありとあらゆるものがインターネットに接続されるでしょう。こうしたトレンドにより、幅広い新しいアプリケーションとサービスが実現する一方で、あらなた課題も生じます。物が、ほかのシステムの “ユーザー” の役目を果たすことが増えるでしょう。ERP システムとやり取りしながら自己補充する倉庫ロボットや、メンテナンスのスケジュールを自己設定するトラックを思い浮かべてください。IT 部門は、これらの起こり得るシナリオがソフトウェア ライセンスなどの問題に与える影響について検討することが、ますます重要になるでしょう。

エンタープライズ アプリ ストア
アプリケーションの配布が将来どのようになるかを予測するのは困難ですが、1 つ確かなのは、変化が訪れる、ということです。2014 年までには、ほとんどの企業が社内のアプリケーション ストアを通じて従業員にモバイル アプリを配布するようになるでしょう。そして、IT 部門の役割は、中央のプランナーから、ユーザーに管理と仲介サービスを提供する市場管理者へとシフトするでしょう。

戦略的なビッグ データ
その対応は、サーバーと CPU のコスト低下のおかげで、より経済的に実行可能になっています。従来と異なるデータ タイプや外部のデータ ソースに注目する必要があります。単一のエンタープライズ データ ウェアハウスという概念はもはや時代遅れです。複数のシステムの連結が必要です。これにより、企業が自社製品とその品質向上方法についての理解を向上させる機会が生まれます。

すぐに役立つ解析情報
2013 年、2014 年には、クラウド化、解析情報のパッケージ化、ビッグ データ化が加速します。企業は、ビジネスで行われるすべての行動について、解析とシミュレーションを実行できるようになります。モバイル デバイスからこのデータにアクセスし、ビジネス上の意思決定に役立てられるようになります。今日の解析情報のほとんどは過去データに基づいています。次のステップは、将来起こる可能性のあることの予測です。

インメモリ コンピューティングが主流に
インメモリ コンピューティング (IMC) を使用すると、数時間かかる一括処理を数分または数秒で実行できるため、それらの処理をリアルタイムまたはほぼリアルタイムで提供できます。数百万のイベントをわずか数十ミリ秒でスキャンし、新たな機会または脅威を示す相関関係やパターンを発生と同時に検出することができます。2013 年の 10 の戦略的テクノロジ トレンドすべての詳細については、こちらをお読みください。オレグ・シロヴェツキー (Oleg Shilovitsky) 氏は、これらの新たなトレンドとエンジニアリング アプリケーションや特に PLM テクノロジおよびシステムとの接点に関する見解も示しています。彼のブログ投稿は、こちらでお読みください。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>