PTC Creo で、より多くの構想設計を検討

構想設計は、製品開発における最も重要な段階の 1 つです。創造的で革新的なプロセスのほとんどがこの段階で実行されることは明らかですが、この段階がビジネスに与える影響は、必ずしもそれほど明白ではありません。たとえば、構想設計により、製品開発の総コストの最大 75% が決定します。さらに、通常、構想設計の後に行われる大規模な変更は、経費を大幅に増大させます。それも、恐らく不必要に。つまり、構想設計を適切に行うことで、成功し利益を生む製品が生まれる可能性が高まります。熟練の設計者は、優れた構想設計の秘訣は、代替設計案、それも数十、あるいは数百の代替設計案を検討することだと知っています。ユーザーが抱える問題を解決するための方法がいくつあるでしょうか。製造コストを引き下げる独創的な方法があるでしょうか。審美性についてはどうでしょうか。しかし、熟練の設計者は、最新のアイデアであっても完全に新しいことは滅多にないことも知っています。通常、それらは、既存の設計の副産物またはマッシュアップです。PTC による構想設計のトレンドに関する調査によると、調査参加者の 68% が、自社の構想設計に既存の設計を活用 (45%) しているか、積極的に活用 (23%) しています。

簡単に再利用できない?
残念ながら、レガシー設計の再利用は必ずしも簡単ではありません。

  • これらの 3D モデルのほとんどは履歴ベースのパラメトリック 3D CAD ツールで作成されており、そこに詰まった元の設計意図は、構想設計の検討時に問題となることもあれば、問題とならないこともあります。
  • 3D 設計テクノロジには 10 年以上の歴史があり、多くのモデルが、現在使用されていないレガシー CAD システム内に存在します。現在の 3D CAD ツールにインポートすると、モデルの元の設計意図は失われます。

要するに、レガシー モデルだけでなく、多くの現行のモデルも、簡単に再利用できるとは限りません。

効果的な構想設計にダイレクト モデリング
PTC Creo で利用可能なダイレクト モデリング手法は、そうした状況を一変させます。ユーザーは、モデルのオリジナルのソースに関係なく、既存の 3D ジオメトリを単に押し引きすることで、変更を加えることができます。それは、より多くの代替設計案を検討する機会が増えることを意味します。具体的には、第 1 に、PTC Creo Parametric と Creo Flexible Modeling Extension を併用すると、元の設計意図について心配することなく、Pro/ENGINEER または Creo の既存のモデルから新しい構想をすばやく作成してアイデアを生み出すことができます。同時に、元のパラメトリック モデルに対する変更もすべて追跡されます。第 2 に、レガシー システムから新しい構想をすばやく作成できます。元の設計意図がすべて失われた場合でも、新しい構想設計を生成できます。今、PTC Creo Parametric のパラメトリック モデリングとダイレクト モデリングをお試しいただくことができます。Creo Flexible Modeling Extension も含まれています。30 日間試供版をダウンロードしましょう

この投稿の“カテゴリー”: Creo 2.0 の特長, Creo とは 、タグ: , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>