パラメトリック モデリングとダイレクト モデリングの相性は? (パート 1)

製品設計においては、チームが CAD ソフトウェアの使用に関して妥協を強いられることがよくあります。大半のユーザーは、すべての仕事に、パラメトリックまたはダイレクトのいずれか 1 つの 3D モデリング パラダイムのみを使用しています。しかし最近、ベンダー各社は、両方のパラダイムをサポートするという CAD ツールを提供し始めました。残念ながら、一般にこれらのツールでは、2 つの異なるモード間の切り替えが必要で、2 つの異なるモデル表現が必要なことさえあり、両方のモデリング パラダイムの長所が 1 つの製品設計またはモデルに本当の意味で活かされてはいません。こうした環境で作業した経験のある方ならば、双方の作業を並行させることはできても、本当の意味で 2 つが統合されることはないという結論に至ったかもしれません。PTC Creo により、それが一変します。設計者は、同じ 1 つの環境で共通のデータ モデルを使用しながら、その設計に適したモデリング手法を選択できます。PTC Creo Flexible Modeling Extension を使用すると、慣れ親しんだ PTC Creo Parametric 環境で、パラメトリック モデリングや、パラメトリック設計の編集を行うことができます。PTC Creo Flexible Modeling Extension には、1 つのシームレスなツールで作業することによる独自の利点があります。

  • 1 つの共通のデータ モデルが維持されます。パラメトリックとダイレクトのいずれのモデリング手法で行われた変更も、追跡され同期されます。設計データや設計変更の重複が生じません。
  • 設計意図が保護され、1 つのモデル内で保持されます。
  • ユーザー インタフェースが共通しているため、すばやく習得できます。モード間を切り替えて、それぞれのモードで、機能が制限された中で作業する必要はありません。
  • ダイレクト モデリング手法で行われた設計変更を、パラメトリックな設計意図の改訂により取り込むことができます。

こうした利点が製品設計プロセス全体で役立ちます。PTC Creo Flexible Modeling Extension を使用すると、次のことが可能です。

  1. 構想設計段階で、より多くのアイデアを検討する。
  2. 後期段階で設計変更を行う。
  3. レガシー 3D 設計データを再利用する。
  4. マルチ CAD 設計でコラボレートする。
  5. CAE および FEA のワークフローを改善する。
  6. 製造のワークフローを改善する。

この記事のパート 1 では、このうちの最初の 3 つを取り上げます。

1.  構想設計
構想設計段階では、指定された基準や審美的な要件に最も適合した構想を見つけるために、製品のアイデアやコンセプトの視覚的な表現を伝達して、できるだけ多くの構想設計を作成し、各アイデアを評価する必要があります。2 つのモデリング パラダイムを組み合わせることで、簡単な操作で迅速かつ柔軟に、既存の設計をベースに作業したり、新しい設計を作成したりすることができます。次のビデオでご紹介するように、PTC Creo を使用すると、元の設計意図について心配することなく、既存のパラメトリック設計からジオメトリをすばやく作成してアイデアを生み出すことができます。また同時に、行った変更がすべて追跡され、パラメトリック モデルとの同期が保たれます。

2.   後期段階での設計変更
後期段階での設計変更に対応することで設計のイノベーションが促進されますが、そうした変更は、大幅な予期しない変更であることが少なくありません。また、通常は、それらを迅速に反映する必要があります。パラメトリック モデルを直接編集できるようにすることで、後期段階の変更をすばやく反映するだけでなく、そうした変更を制限する設計意図を回避することができます。ここでも、直接編集手法によるこれらの変更は、追跡され、パラメトリック モデルとの同期が保たれます。

3. レガシー CAD データ
多くの企業が、時代遅れのソフトウェアで作成された 3D データを保持しています。従来の CAD ソリューションでも、ネイティブでない CAD データに簡単に変更を加えることができますが、残念ながら、多くの場合は 3D CAD データが高度な情報を持たないデータとして扱われます。このため、レガシー データの維持、編集、再活用が困難です。ダイレクト モデリングでは、製品の新しいリビジョンや新製品でレガシー データを使用できます。データの再活用や修正が容易なだけでなく、パラメトリックまたはダイレクトのモデリング手法で作成されたほかのモデルと組み合わせることもできます。
この記事のパート 2 では、マルチ CAD 設計、CAE および FEA のワークフロー、製造のワークフローを取り上げますので、どうぞお楽しみに。それまでの間、まずは PTC Creo Parametric でのパラメトリックとダイレクトのモデリングをお試しください。30 日間試供版をダウンロードしましょう

この投稿の“カテゴリー”: Creo 2.0 の特長, Uncategorized 、タグ: , , , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>