Creo のお客様事例: Aquamatic 社 工業用水の使用者に責任を持たせる

工業は水を必要とします。発電所や食品加工業者、製造メーカーが、発電、食品製造、自動車製造を行うため、数十億立法メートルの水を使用しています。実際、世界中の水使用量のうち、工業部門が占める割合は 22 % にのぼるとみられています。これらの用途のほとんどでは、水は “再生可能” であるとされています。目的を果たした水は、最初の供給元である河川や湖に排水として戻される、というわけです。ただし、工業用水は、特に工場から排出されるときには、必ずチェックされます。環境科学者や水質学者が、有害物質や病原菌、金属物質などの処理、検査を行います。その環境は厳しく規定されており、検査用の水の採取さえも秩序だった方法で慎重に行う必要があります。Creo をご利用のお客様、Aquamatic 社は、誰よりもこのことをよく理解しています。排水検査装置の製品を取り扱う同社は、シンプルかつ堅牢で信頼性の高い検査装置を設計、製造することに注力しています。「この業界ではシンプルさが重視されます」と、Aquamatic Samplers 社のテクニカル ディレクターを務めるピーター・スミス (Peter Smith) 氏は話します。「適切なデータを入手しやすいプロセスを用意することができれば、顧客はより適切に規制を順守してコストを管理し、環境や規制関連の問題を回避できるようになります」。しかし、Aquamatic Samplers 社の検査装置はシンプルですが、それでも廃水を採取する際にはさまざまな点を考慮する必要があります。たとえば、採取した水のデータとしての有意性をどう確認するか、装置の機能が浮揚性物質によって阻害されるのをどう防ぐかといった点のほか、現場での水の採取には、装置を常設した場合と比べてどのような問題が想定されるかといった点です。最も重要なのは、さまざまな地域のさまざまな業界に属する顧客が規制を順守する助けとなる製品を、どのように提供するかという点です。Aquamatic 社の場合、最初の一連の問題は、自社の高度な開発技術で対処できます。しかし、最後の問題に対処するのは Creo です。Creo のダイレクト モデリング ソフトウェアは、その目的が新しい規制の順守か、ある 1 社の顧客向けの独自製品の開発かにかかわらず、Aquamatic 社が変化する要件にすばやく対応する手助けをしています。Aquamatic 社が Creo を使用する理由 (および、同社が別の CAD システムから Creo に切り替えた理由) の詳細については、こちらでお客様事例をご覧ください

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>