ビジュアリゼーションによってサプライ チェーン全体の意思決定が容易に

今日、製造メーカーにとって最大の課題の 1 つは、今日の広範な設計サプライ チェーン全体の製品データ フローの管理です。技術的な複雑さが増す一方で、サプライ チェーンが拡大を続け、意思決定プロセスに関与する人の数が大幅に増えており、製品関連の効果的な意思決定はますます難しくなっています。設計タスクの外注は、企業に技術面およびコスト面のメリットをもたらしますが、それとともにバリュー チェーン全体に及ぶ製品データの管理の複雑さが増し、効果的な設計コラボレーション ツールの必要性が高まります。企業は、最新の製品データへのアクセスをサプライヤに提供する必要がありますが、相手のサプライヤが同じ CAD オーサリング システムを使用していない可能性が高いため、それは容易ではありません。

パートナー間のコラボレーションをサポートするために、より良いツールが必要
広範なサプライ チェーン ネットワークを効率的に機能させるには、設計コラボレーションを改善し、サプライ バリュー チェーン全体の意思決定を効率化するツールが必要です。サプライ チェーン内の設計コラボレーションのためには、すべての設計パートナーが利用可能で、さまざまなソースからのマルチ CAD データと関連データで効率的に作業できる、相互運用可能なソリューションが必要です。これらのツールでは、3D モデルを構成する製品データとその関連データの複数の分野にわたる広範なビューを、CAD ユーザーでなくても、誰でも利用できるようにすることで、サプライ チェーン全体の意思決定をサポートする必要があります。さらに、こうした製品関連データを、分野や役割を問わずに共有可能なビジュアル形式で提供することで、ビジネス機能、テクノロジ、企業の壁を超えたコラボレーションのための公平な環境を実現する必要があります。製品のビジュアリゼーションを利用したコラボレーションは、開発ライフサイクル全体を通じて製造メーカーが製品関連の効果的な決定を下すために役立ちます。また、コラボレーションによる設計プロセスにエンジニアリング以外の分野も含めることで、意思決定に関わる人の数が増加します。これらのツールにより、製品バリュー チェーン全体のユーザーがほとんどあらゆるタイプのドキュメントを開いて表示し、コラボレートすることができます。

軽量かつニュートラルな状態を維持
いいえ、リビングルームに使う新しいペンキの色の話ではありません。CAD モデルの保存と共有のために使用する新しいフォーマットのことです。新しい軽量なビジュアリゼーション ツールとフォーマットを使用すると、ジオメトリを含み、設計インテリジェンスを含まない 3D CAD モデルを簡単に共有できるため、IP の安全性が保護されたコラボレーションが実現します。出力ファイルのサイズが小さく、顧客やサプライヤに簡単に電子メールで送信できるため、これらの新しいフォーマットを使用するとコラボレーションが容易になります。また、プラットフォーム / アプリケーションに依存しないことも、マルチ CAD 環境でのコラボレーションのためのメリットです。もう 1 つのメリットとして、一般にこれらのプログラムはフル装備バージョンの MCAD ソフトウェアよりも安価であることも挙げられます。PTC の Creo プラットフォームでは、ユーザーが、基本的な表示や設計レビューのために軽量バージョンの CAD データをダウンロードできるようになりました。これには、ほかのサードパーティ製 CAD ツールで作成されたモデルも含まれます。この結果、顧客は、ネイティブの CAD アプリケーションを使用しなくても、提案された製品設計をすばやく簡単に確認して、貴重な洞察とフィードバックを提供することができます。さらに、新しいダイレクト モデリング テクノロジを利用した、使いやすくて直感的なツールを使用すると、CAD のエキスパートでなくても製品データを表示して理解することができます。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>