Creo のお客様事例: 1 万年動き続ける時計の設計

1 万年時計の試みにおいて、Long Now 協会のエンジニアリング チームは、PTC の Creo や Mathcad 工学技術計算ソフトウェアなどの高度な設計ツールを利用するとともに、厳格なテストを行い、継続的に学習することによって、この材質科学の未確認領域内の進路を定めています。「このタイムフレームで機能しなければならない機械的なものが、人間によって作られたことはありません」と話すのは、1 万年時計プロジェクトの機械エンジニアであるテイラー・ロアン (Taylor Roan) 氏です。この試みに携わっている別の機械エンジニア、ヤーシャ・リトル (Jascha Little) 氏はこう付け足します。「最大の課題は、1 万年もつ材料から、数百万サイクルまたは数千万サイクルの利用に耐えられるものを設計しようとするときの連携です。ほとんどのエンジニアは、硬質材料と鋼鉄でこれらのライフサイクルの問題を解決しますが、私たちがそれらを利用できません」記事の全文はこちらでお読みください。SETI Institute による下のビデオをご覧ください。このビデオには、プロジェクト マネージャのアレクサンダー・ローズ (Alexander Rose) 氏が登場します。

この投稿の“カテゴリー”: Creo に対する反応, Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>