FIRST: PTC、エンジニアリングの将来に投資

PTC が最も力を入れている教育プログラムである FIRST (For Inspiration and Recognition of Science and Technology、www.usfirst.org) は、全米および全世界の子供たちの科学、技術、工学、数学 (STEM) に対する興味と意欲を高めることを目的としています。毎年、幼稚園から高校までの 15 万人を超える園児、児童、学生がチームを組み、レゴ ブロックを使用して、または高校生の場合は運用可能なロボットの製作という形で、設計課題に挑んでいます。各チームは、指導員、コーチ、ボランティアとともに、PTC ソフトウェアを使用して作業します。今年は、FIRST Tech ChallengeFIRST Robotics Competition へのおよそ 4,500 の参加チーム中、1,000 を超える FIRST チームが、CreoMathcadWindchill を使用してロボットを設計、製作して完成させ、さらにその設計を使用して派生製品を設計して製作します。PTC は、ソフトウェアの提供に加えて、出場チームと地域イベントのスポンサーとなり、奨学金およびトレーニング教材を提供しています。また、FIRST とパートナーシップを組み、FIRST の国外展開も進めています。中国、インド、ルーマニア、フランス、ドイツ、シンガポール、オランダの PTC 社員は、このプログラムの自国での展開を強く支持しています。特に弊社のグローバル教育プログラムをご覧いただけばおわかりいただけるように、このプログラムは弊社にぴったりです。PTC がこのプログラムに求めるのは “価値共有” の機会である、とシニア バイス プレジデントのジョン・スチュアート (John Stuart) は言います。それはつまり、「雇用者、学校、学生など、このイニシアチブに関わるすべての人が、参加することで利益を得られる」ということです。

  • 雇用者 – 雇用者、特に PTC のお客様にとっては、FIRST への参加経験を持つ新入社員は、働き始めるときにすでに PTC の設計開発ソフトウェアのスキルを身につけているという点で、このプログラムは価値があります。今後、技術系および科学系の卒業生不足の深刻化をアナリストが予測している中、このことは非常に重要です。
  • 学校 – FIRST に参加する数千の学校は、プロフェッショナル向けのソフトウェアとトレーニングの利用によって、より多くの機会を得ることができます。
  • 学生FIRST は、STEM への関心を高めることで学生に価値をもたらします。実際、FIRST に参加した子供は、FIRST に参加しなかったこと以外は条件の似た学生と比べて、大学進学率が 50% 高く、科学または工学を専攻する割合は 2 倍にのぼります。

それは、PTC にとってもメリットがあります。PTC は、2007 年から公式スポンサーとして FIRST の活動を支援しています。その結果、PTC ソフトウェアを使用するチームが最初はゼロだったのが、わずか 4 年で 1,000 チーム以上に増えました。しかし、その何年も前から、弊社の従業員は熱意ある指導者およびコーチとして FIRST チームを支えてきました。それはなぜでしょうか。それは、何年も前に私たちをこの分野に引き込んだ歓喜を子供たちが初めて経験する姿を見守ることが、大きな喜びであるからにほかなりません。PTC の FIRST へのさまざまな貢献の結果、4 月に開催された FIRST World Championship において、PTC が FIRST のパートナーシップ レベルで最上位の “戦略的” パートナーに昇格することが発表されました。FIRST の詳細については、こちらをご覧ください。著名人や世界的リーダーからこのプラグラムについて話をお聞きになりたい方は、こちらのビデオをご覧ください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo に対する反応, Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>