Tamaggo 社、Solidworks から Creo に移行

変化に尻ごみする設計者がいる一方で、使い慣れた CAD から脱却し、より高いパフォーマンスを発揮できるソフトウェアを探す勇敢なリーダーもいます。Tamaggo の一部の設計者は Solidworks を使用していましたが、Creo に移行しました。そして同社のエンジニアリング部門のバイス プレジデント、ステファン・レペイジ (Stephane Lepage) 氏は、ほかのチームにも Creo を推奨し、「試してみてほしい」と言いました。Tamaggo の 3D カメラには精密なカーブとサーフェスが必要なため、当初はチームのメンバーたちは、そのような形での設計ツールの抜本的な切り替えをどう捉えたらいいのかがわかりませんでした。しかし、ものの 2 日間でそんな雰囲気も一変しました。以下のビデオでは、ステファン氏がその過程と理由を説明しています。リスクを恐れず適切なソフトウェアを導入できれば、大きな見返りが得られることがあります。Tamaggo のエンジニアリング チームが Creo への移行を経て行き着いた先もそこでした。Tamaggo のようなクライアントは Creo のことを、シンプルな UI により多くの機能が備わった強力な製品だと報告しています。設計作業にかかる時間をわずか数分に減らすことができるのです。こちらの詳細な比較分析から、Creo Parametric 2.0 のフリースタイル機能を使用すればわずか 4 分間でじょうろの設計を終えることができた一方で、Pro/ENGINEER を使用した場合は、それから 45 分間経ってもじょうろの設計が完了しないことがわかっています。Creo 2.0 の 30 日間無料試供版をお試しいただけば、新しいソフトウェアへの移行にかかるコストは、節約できる設計時間で十分に補えることがわかるはずです。習熟が容易な Creo を導入すれば、学生や企業はプロジェクトをより迅速かつ適切に進めることができるようになります。Stephane 氏の事例にならい、今すぐ試してみることをおすすめします。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>