PTC Creo では、「その場でお手軽学習」が現実に

「学習と知識の管理がアプリケーションに直結。これこそがあるべき姿です」。これは、最近、PTC University の Creo 用 LearningConnector の最新バージョンを見たときに、あるお客様が口にした言葉です。新しい Creo 用 LearningConnector のデモを始めて以来、PTC University のチームには、お客様から肯定的なフィードバックが次々と寄せられています。しかし、すべての人が LearningConnector のことをよく知っているわけではありませんので、ここで簡単に紹介したいと思います。

まず、LearningConnector とは何でしょうか。 LearningConnector は、2010 年に Pro/ENGINEER Wildfire 4.0、Windchill 9.0、Mathcad で初めて導入され、その直後に 2010 Brandon Hall Excellence in Learning Awards を受賞しました。基本的に、LearningConnector を使用すると、アプリケーションから離れることなく、ソフトウェアに関する疑問の答えをすばやく得ることができます。現在の作業内容に応じて、関連する E ラーニング ライブラリにアクセスできます。マウスをクリックするだけで、使用しているソフトウェアの E ラーニング ライブラリやオンライン ヘルプ、PTC 知識ベースへとシームレスにアクセスし、必要な情報を確実に見つけることができます。E ラーニングがかつてないほどに高速になり、作業を中断することなく、トピックを検索してチュートリアルを参照できます。

Creo 用 LearningConnector には、どのような新機能が備わっているでしょうか。LearningConnector の初期のバージョンは別にダウンロードする必要がありましたが、PTC の Creo、Windchill、Mathcad の最新ソフトウェア バージョンには、LearningConnector が組み込まれています。新しい Creo 用 LearningConnector には、さらにいくつかの機能が追加されています。

  • 新しいインタフェースにより、LearningConnector がより使いやすくなり、ソフトウェアのどこからでもアクセスできるようになりました。これによって、学習と仕事がシームレスにつながります。
  • また、強力な E ラーニングに加えて、Creo 固有の一連の新しいコンテンツ、つまりチュートリアルも開発しました。現在 LearningConnector に収録されている 200 を超える短いチュートリアルに Creo 内から直接アクセスし、製品について簡単に学ぶことができます。各チュートリアルは製品の主要な機能に対応しており、さまざまなトレーニングを手軽に受講できます。

こちらの短いデモをご覧ください。これは、私の同僚であるジョナサン・バス (Jonathan Bass) が皆さんのために録画したものです。 ここでご覧いただいた内容にご満足いただけたら幸いです。お気軽にコメントをお願いいたします。皆さんからのフィードバックを楽しみにしています。LearningConnector の詳細をお聞きにないたい場合または御社での E ラーニングの導入をご希望の場合は、今すぐお問い合わせください!

この投稿の“カテゴリー”: Creo のテクノロジ 、タグ: , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>