PTC Creo お客様事例: ホワイトスネイクのギターリストが選んだ新世代ギター

PTC Creo に移行する企業が増えています。製品で (そして PTC Creo で) 顧客から高く評価された一番の経験をお聞かせください。アイデアを実際の製品の形に変え、企業としての差別化に成功したという話を数多く耳にしています。そうした話は、製品設計的に、刺激的かつ感動的で革新的です。今後の数週間および数カ月間、業界紙、ptc.com、creo.ptc.com でそうした話を目にすることでしょう。その一番手は、アリスティデス・ポート (Aristide Poort) 氏によって設立された Aristides Guitars 社です。ポール・マッカートニー、キース・リチャーズ、ジミー・ヘンドリクスから刺激を受けた 12 歳当時のポート氏は、ギターの演奏だけでなく、自分の楽器の設計と組み立てにも取り組み始めました。Aristide ギターのために、ポート氏と彼のチームは、Arium という新しい繊維のない素材、新しい設計アプローチ、新しい製造方法を開発しました。ポート氏は、夢の実現に向けて一歩一歩技術革新を推し進めました。こうして生まれた Aristides OIO は、一体成型のアリウム製のボディとネック、パール インレイ付きの最高級のエボニー製フレット板、薄層アルミニウム シルバーやマット ブラック塗装といった特徴を持つ製品に仕上がりました。

Aristides OIO ギターの PTC Creo モデル

Aristides OIO ギターの PTC Creo モデル

その上、ロックします。発売以来、Aristides OIO はレビューで非常に高く評価され、賞を獲得しています。また、忠実な固定ファンが北米、日本、ヨーロッパで Aristides を演奏しています。その 1 人が、ホワイトスネイクの 1 番のヒット曲『ヒア・アイ・ゴー・アゲイン』でデヴィッド・カヴァーディルとともに演奏していたエイドリアン・ヴァンデンヴァーグ氏です。ヴァンデンヴァーグ氏は、Aristides のギターは「Steinway 製のグランド ピアノの鍵盤を叩くように」演奏できると話しています。ロックすることは申し上げましたか? こちらで、Aristides OIO がどのように設計、開発されたかについて詳しくご覧ください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>