NTM Wheels 社、Autodesk から PTC Creo に切り替え

クラシック カーの収集と修理を行う人にとっては、あらゆるディテールが重要です。汚れがなく、クロムの表面は鏡のようで、タイヤの溝がきれいに掃除された、適切な色のヴィンテージ モデルには、高い値がつけられます。同じ車両でも、少し痛みが見られると、価値は半分または 3 分の 1 になります。

NTM-Wheels-2

これが、アルファロメオ、アウディ、BMW、フィアット、フェラーリ、ポルシェ、またはフォルクスワーゲンの車に合った高品質のリムを求めてコレクターが NTM 社のカタログを読み漁る理由の 1 つです。イタリア北西部に本拠を置く NTM Wheels 社は、世界中のクラシック カー、レース カー、特注自動車用の軽合金ホイールを製造しています。

同社は、原料合金を使用し、低圧鋳造用金型でホイールを鋳造しています。これにより品質の一貫性と厳格さが保証されます。

言うまでもなく、すべてのホイールは設計から始まります。これに関して、NTM 社では PTC Creo を使用しています。NTM Wheels 社は、PTC Creo の市場で最も堅牢でスケーラブルな 3D 製品設計ツールセットを使用することで、より高度な設計を柔軟かつ迅速に行えるようになり、製品開発プロセス全体を高速化することができました。

NTM-Wheels-1

それだけではありません。PTC Creo により、業界標準を使用して作業していることになります。次に挙げるのは、最近ご紹介した、PTC Creo を使用している自動車業界のトップ メーカーの一部です。

NTM Wheels 社では、以前は設計に Autodesk を使用していました。しかし、開発時間を短縮しながら、市場での地位を高めるため、今年 PTC Creo にエンジニアの設計作業を統合しました。業界のほかの企業と同じソフトウェアに統合することで以下が実現しました。


  • チームは、1 つのシステムの専門家になるだけでよくなりました。
  • 組織に必要なテクニカル サポートの提供元が複数ではなく 1 社でよくなりました。
  • 1 つの企業により多くを投資する製造メーカーは、初期購入やサービス コストで割引の資格を得やすくなります。

このホイール メーカーは、PTC 正規販売代理店である CDM TecnoConsulting とともに PTC Creo 2.0 を導入し、E ラーニング ソリューションによって新しいソフトウェアのトレーニングを短期間で完了させました。

その結果、CDM の報告によると、NTM 社は製品の品質を高めながら開発時間の 50% 短縮を実現しました。

「PTC Creo を使い始めたことを喜んでいます」と NTM 社のオーナーであるディエゴ・ファヴォロ (Diego Favaro) 氏は話しています。「PTC Creo の導入によって、弊社はイタリア市場で着実に成長しつつあります」

こちらは、Equipe Ligier モータースポーツ チームの 1970 年代のクラシック F1 カーに使用するセンターフランジ用に最近完成させた特注品です。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>