PTC ユーザーの間で人気を集め続ける Learning Connector

先ごろ PTC University のキム・スプリングストン (Kim Springston) と、PTC Creo、Windchill、Mathcad 用の E ラーニング アプリケーション「LearningConnector」について話をする機会がありました。これはこれまでもときどき取り上げてきたトピックですが、このアプリケーションについてお客様から寄せられた非常に肯定的なフィードバックやその将来に向けた計画は、話を聞く価値があります。キムによると、あるお客様は、PTC Learning Connector は「スライス パン以来の最もすばらしいもの」だと話していたといいます。

PTC Learning Connector は最初 2010 年に Pro/ENGINEER Wildfire 4.0、PTC Windchill 9.0、および PTC Mathcad 用にリリースされ、Brandon Hall Excellence in Learning Award を受賞しました。ユーザーは、製品に直接組み込まれたダッシュボードで、プログラムから離れることなく、現在の作業内容に応じた情報にアクセスすることができます。当初、このソフトウェアを利用するには個別にダウンロードする必要がありましたが、現在は PTC Creo、PTC Windchill、PTC Mathcad に直接組み込まれており、一段と使いやすくなりました。

PTC Creo、中でも特に PTC Creo Parametric および PTC Creo Direct 用の PTC Learning Connector には、ビデオ チュートリアル、お勧めの E ラーニング、ヘルプ センター、テクニカル サポートの知識ベースなどの複数のソースの資料が集められています。PTC Creo 1.0 と PTC Creo 2.0 に関しては約 170 の無料のビデオ チュートリアルが用意されています。

さまざまなトピックについてさらに詳しく学ぶには、お勧めの E ラーニングをご覧になることをお勧めします。最初は、各トピックについて、全般的な概要を説明する 3 ~ 4 分のコンテンツが提供されます。これを消化したら、全体のコース マップに従って、さまざまなサブトピックについて詳しく学ぶことができます。キムによると、PTC Creo のすべてのトピックのうち約 70% について、コースが用意されています。

PTC University チームは、PTC Creo 3.0 のすべてのメジャー アップデートに関するコンテンツを追加する予定です。これには、ユーザー インタフェースに関する最新情報や新機能の紹介が含まれます。将来的には、ソフトウェア内でのユーザーの行動により深く関与し、効率化の機会を示すことができるようにしたいと考えています。たとえば、このショートカットで「X」機能のアクセスできることをご存知ですか、といった情報を提供します。

このように、現在ユーザーの方は、PTC Learning Connector で利用可能なコンテンツをぜひ閲覧してください。時間をかけるだけの十分な価値があります。まったく使用経験のない方は、入門用のコンテンツをご覧いただくことで、長期的に生産性をより高めることができます。PTC Learning Connector と PTC Creo に関する詳しい情報を今後もお届けしてまいりますので、ご期待ください。

PTC Learning Connector の機能の改良に関するご提案がありましたら、こちらのコメントでお聞かせください!

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例, Uncategorized 、タグ: , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>