Sió-Metál 社、PTC Creo への統合により開発時間を半減

新年度の抱負として、成功事例を 1 つご紹介しましょう。創業 13 年の Sió-Metál, Ltd. 社は、最近、CAD プロセスの統合に取り組みました。

ハンガリーを拠点とする同社は、カスタム、および小中規模の生産工程に使用される精密機器部品、計器、構成部品などを製造しています。Sió-Metál 社は、複数の CAD 形式で作業するときにソフトウェアの柔軟性が高いという理由で、すべての開発工程に PTC Creo を採用しました。

PTC Creo を導入したことで、同社は大部分の CAD 形式を使用するパートナーに対応することができました。しかも、そのために各 CAD パッケージ (およびバージョン) のライセンスを維持する必要はありませんでした。

PTC Creo を使用することで、エンジニアは次のことができるようになりました。

  • ソースに関係なく、2D 設計データと 3D 設計データを直接再利用する。
  • パターン認識などのインテリジェンスをレガシー設計やサード パーティ製の設計に追加する。
  • 2D 図面やビュー、関連した 3D モデルのリンクを維持する。

さらに、1 つのプラットフォームにまとめたことにより、この小規模企業は複数の CAD パッケージを維持することに伴う IT およびサポート経費を節約できます。

Sió-Metál 社にとって、PTC Creo はこれまでの CAD ソリューションよりも作業時間が短縮され効率が高いことが実証されました。PTC Creo は製造工程との統合方法においても Sió-Metál 社から高い評価を受けました。 製品開発を合理化し、柔軟性を高めることで、同社はパートナーへの対応を迅速化させることができました。

その結果、年度末までに驚くことに製品開発時間を 50 % も短縮できたのです。これはパートナーを含むすべての関係者にとって喜ばしいことでした。

「弊社は、パートナーとの直接的なコミュニケーションを増やすという目標に無事に到達しました。お客様に提供できるサービスと製品の品質レベルが高くなり、弊社にとっても高い自信と収益につながりました」と Sió-Metál 社のイシュトヴァーン・ウデルスズキー (István Uderszky) 統括マネージャは述べています。

Sió-Metál 社は、ARTGOS 社、FSG 社、Simeco 社など、PTC Creo に統合することで恩恵を受けている多くの企業の 1 社です。 このビデオでその効果をご覧ください。

 

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>