Alcon 社: PTC Creo View for MCAD を使用してチーム力を強化

Alcon 社のホームページによると、同社の使命は、視力改善を支援し、生活の質を高める革新的な製品を提供することです。明確で高貴なビジョンであり、同社はこれを世界中で掲げています。しかし、ヘルスケアや製造業に関与していると、舞台裏で物事が難航することがあることもご存知かと思います。

Novartis 社の事業部となった同社は、カラー コンタクト レンズから精密レーザ外科手術器具まで、膨大な数の製品を手掛けています。お客様の好みの変化やニーズに対応するだけでなく、国際規制機関にも対応しています。

このすべてを管理するため、会社のエンジニアがかつて、Alcon 社が「できるだけ多くの木を最速で伐採した」と冗談を言ったものでした。7 名の多忙な常勤スタッフが「目の届く限りのファイル キャビネット」のドキュメント管理を行っています。すべてのデータを監督するその作業は、「英雄的」とも呼べるものでした。

そこで、PTC Creo ソリューション、および特に PTC Creo View for MCAD を使用して、Alcon 社がどのように紙を多用するシステムを排除し、同時にデータを最も必要とするチーム メンバーをどのように支援したかをお話ししたいと思います。

製品データ管理簡単に言うと、かつて製品開発の主流を占めていたファイル キャビネットに代わり、製品データ管理ソフトウェアが導入されました。Alcon 社は最初、PTC のワークグループ レベルのソリューションである Pro/INTRALINK を導入し、設計データをシステムに保存し始めました。これが第一歩でした。そのうちに何度か成功を経験した Alcon 社は、完全な企業管理システムである PTC Windchill にアップグレードしました。

ビジュアリゼーション ソフトウェア (主要スタッフ向け)。データ管理システムが整った Alcon 社は、主要スタッフ メンバーのために、PTC Creo View for MCAD (当時の名前は ProductView) のライセンスをいくつかインストールしました。それらのユーザーは、ドキュメント管理スタッフの手を煩わせることなく、最新版のファイルをロードし、印刷できるようになりました。運良く主要スタッフに選ばれたユーザーにとって、これがどれほど自由に感じられたかは、想像に難くないと思います。

会議室のビジュアリゼーション。今度は自然な流れとして、ビューイング ソフトウェアを会議室のシステムに設置することになりました。これにより、1 カ所でグループとして製品レビューを行うのが簡単になりました。

PTC Creo View for MCAD (チェッカーと購買者向け)。PDM システムを使用することで、昔ながらのゴム印の代わりにウォーターマークなどの機能が使用されるようになりました。異なるバージョンの図面を比較できるのも助かりました。

PTC Creo View for MCAD の独自のライセンスを与えられた購買者とチェッカーは、ドキュメント管理部から新しいファイルを渡されるまで待つことなく、最新の公式モデルで変更を確認できるようになりました。さらに購買者とチェッカーは、会社のファイアウォールの外にウォーターマーク付きの図面を送信するなどの対応をすばやく自信を持って行えるようになりました。これにより、すべての作業のスピードが上がりました。

PTC Creo View for MCAD (テクニカル ライター向け)。テクニカル ライターも自分のライセンスが与えられました。このため、設計スタッフやエンジニアリング スタッフに、技術イメージを依頼する必要がなくなりました。ビューイング ソフトウェアを利用することで、自分たちでイメージを見つけ、スクリーン ショットをキャプチャできるようになったのです。

PTC Creo View for MCAD (製造部門向け)。さらに下流で、製造部門も組立指示にシステムを使用し始めました。同社は、チーム メンバーが PTC Creo View for MCAD を使用して、動画による指示をレビューできるように、工場の各ワークステーションにコンピュータを設置しました。これにより、紙を使用した組立図面がなくなりました。実際のところ、分散した「管理ドキュメント」は、完全に排除されました。
これが事の次第です。現在では PTC Windchill が、かつて大きな労働力を要したドキュメント管理プロセスを自動的に管理しています。PTC Creo View for MCAD は、Alcon 社の 18 の施設の 900 台のコンピュータにインストールされています。そして、設計者、チェッカー、購入者、検査官、フィールド サービス担当者は全員、ビューア ソフトウェアを使用して、製品データへのアクセス、レビュー、マークアップ、利用を自在に行うことができます。

Alcon 社は、75 カ国に 24,000 名以上のアソシエイトを抱える大企業です。もちろん一夜にしてこれらの変更が成し遂げられたわけではありません。「努力と育成が必要でした」と同社はコメントしています。

「ですが、それだけの価値はありました」

編集注記 – 無期限で無料のビジュアリゼーション ソフトウェアを所有しませんか。PTC Creo View Express for Windows® をダウンロードしてください。この使いやすいビューイング ソフトウェアでは、機械的な 2D 図面および 3D CAD モデルの表示と調査を行う包括的な機能が提供されています。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>