史上最悪のコラボレーションの失敗

さかのぼること 1998 年、NASA が火星の大気を調査するために探査機マーズ クライメート オービターを打ち上げたのを覚えていますか。また、このオービターは、ポーラー ランダーからの信号を地球に送信する中継基地になることにもなっており、この惑星の詳細な調査に高い期待が寄せられていました。

[one_third]

クイック リンク

Unite テクノロジの内側

PTC Creo 3.0 ニュース

PTC Creo の主な機能

その他の新しい機能強化点

PTC Creo 3.0 リソース

デモとチュートリアル

[/one_third]打ち上げは大々的に取り上げられましたが、NASA の飛行制御装置がオービターとの通信を断ったときには大きな落胆が広がりました。再調査の結果、この宇宙探査機は火星の上層大気内で燃え尽きたことがわかりました。原因は単位エラーでした。あるプログラムが、別のプログラムで使用すべきメートル法の “ニュートン” ではなく、イギリス式の “ポンド” でデータを送信していたのです。この計算ミスにより、オービターが火星に近づきすぎて分解したというわけです。

「メートル法の混乱」、「NASA がへま」、「単純な数学的エラーで宇宙探査機が失われる」、「数学的なへまで NASA の探査機が墜落」など、ニュースの見出しは衝撃的でした。単位変換のチェックを怠ったとして、ある委託業者が最終的な責任をとりましたが、宇宙プログラムに対するイメージは急降下しました。

御社の製品はこれほど複雑ではないかもしれませんが (または、失敗がこれほど公にされることはないかもしれませんが)、同じ原則が当てはまります。各チームが独立して作業する環境が最も効果的な場合は、そうした環境を作る必要がありますが、すべてが適切に組み合わさり、仕様どおりに動作するという絶対的な確信を得るには、ソースを問わず、定期的にすべてを組み合わせる必要があります。

現代の世の中は、ますます “場所を選ばない設計と構築” に向かっており、中間の段階で使用するツールに対する統制は弱まっています。自分の会社で PTC Creo を使用していても、パートナーが同じものを使用しているとは限りません。また、買収した企業では同じ CAD テクノロジを使用していない場合もあります。すべての人が同じ CAD システムを使用するか、それぞれ好きなツールで作業するかでは、どちらかより合理的なのでしょうか。多くの場合、この疑問は、単一の CAD システムに統合するかどうかというより、それが可能なのかどうかという問題になります。そう、IT の観点からすると、単一の CAD ツールを使用する方がコストを低く抑えられます。これは、社内のサポートとハードウェアについても言えます。設計やコンポーネントの再利用のためにも、単一のツールを使用する方が自然です。しかし、それが常に適切な戦略と言えるでしょうか。恐らくそうではないでしょう。設計者は自社のツール セットで訓練されています。したがって、彼らはそれを使用したときに最も効率的に最も革新的な設計作業を行えます。不慣れなツールでは創造性を発揮できません。

プロジェクト チームが異種混在環境で作業し、すべてのメンバーがそれぞれネイティブの CAD ソリューションを使用している場合、1 種類のツールのみを使用する際の効率性をどうすれば実現できるでしょうか。PTC Creo 3.0 では、Unite テクノロジにより、データ作成時のフォーマットに関係なく、設計データを開いて作業し、新しいバージョンに更新することができるため、コラボレーションを改善できます。

ユーザーは、CATIA、NX、SolidWorks のネイティブの部品またはアセンブリを開くことができます。サード パーティのソフトウェアの購入またはインストールも、データの変換も必要ありません。PTC Creo 3.0 を使用すると、コラボレーションのワークフローがよりスムーズになり、作業が効率化されて、エラーが減少します。Unite テクノロジにより、これらの異なる CAD フォーマットを、PTC Creo Parametric、PTC Creo Direct、PTC Creo Simulate、PTC Creo Options Modeler などの PTC Creo アプリで直接使用できるようになります。

これがコンカレント設計にとってどのような意味を持つか、考えてみてください。エンジニアは、サプライヤまたはパートナーのネイティブの CAD データを利用可能になり次第、Creo で作成されたかどうかに関係なく、そのデータを自分たちの設計に取り込むことができます。データがニュートラル フォーマットに変換されるのを待つ必要はなく、設計意図が失われることもありません。時間のかかる変換作業も、派生ファイル フォーマットの管理も不要になります。恐らく最も重要な点は、Unite テクノロジにより、同僚が CATIA、SolidWorks、Siemens NX の部品のジオメトリを更新したことが通知されるため、PTC Creo Parametric 内で即座に適切な対処ができることでしょう。作業内容が失われることはなく、最新の設計情報に基づいてコラボレーションを継続することができます。これらのマルチ CAD アセンブリをサプライヤのフォーマットで保存することで、サプライヤも作業を継続できます。

15 年前の NASA の問題は、CAD の問題ではなく、コラボレーションの問題でした。彼らは、1 つのサブルーチンからの出力が別のサブルーチンへの入力として適切かどうかをテストする方法を持っていませんでした (または、そのような方法を作りませんでした)。火星探査ミッションで 1 億 2,500 万ドルを失った彼らは、冗談話のネタとされました。CAD に例えるなら、適合性のことになるでしょう。「つまみ A がスロット B に適合するか?」といったところです。PTC Creo の Unite テクノロジは、元のデータのフォーマットを問わずに、こうした交差部分を管理するために役立ちます。

編集メモ: この短いビデオでは、さらに後になって成功したマーズ オービターの打ち上げについて NASA が話しています。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>