7 月に最も多く読まれたブログ記事トップ 5

7 月もまた、このブログを多くの読者の方々にお読みいただいた月でした。6 月の注目のストーリーのいくつかが引き続き人気を集める一方で、7 月に投稿された記事も新たな波を巻き起こしました。2014 年 7 月の 1 カ月間で最も多く読まれたブログ記事のトップ 5 は次のとおりです。

[one_third]

クイック リンク

6 月のブログ記事トップ 5

その他の人気の高い投稿記事

PTC Creo Parametric 3.0

新機能

その他の PTC Creo ユーザー

ケース スタディ

[/one_third]1. PTC Creo 3.0 Launch Presentation and Demonstration (PTC Creo 3.0 発売時のプレゼンテーションとデモ)

CAD のソフトウェア製品およびソリューションをリードする、刷新された PTC Creo 3.0 のデビューから 1 カ月もしないうちから、読者が新機能の情報を求めて殺到しているのは不思議なことではありません。

PTC Creo 3.0 発売時のプレゼンテーションとデモのブログ記事が依然として多くの読者に読まれているのは、そのためです。この記事は、1 カ月間で他を大きく引き離し最も多くの読者に読まれました。読者が詳しい情報を求めた機能の 1 つは、PTC Creo Parametric 3.0 の Unite テクノロジです。これは、マルチ CAD 環境でのコラボレーションをこれまで以上に容易にする機能です。しかし、新しい改良点はそれだけではありません。詳細については、同ブログ記事をご覧ください。

2. Why Bother Replacing 2D Drawings with 3D Models? (わざわざ 2D 図面を 3D モデルに置き換える理由とは?)

このブログの最も新しいエキスパート執筆者であるマドハヴィ・ラメシュ (Madhavi Ramesh) 氏は、2D 図面の 3D モデルへの置き換えに関するブログ記事で 7 月にホームランを記録しました。PTC Creo View エキスパートのラメシュ氏は、2D 図面には、3D モデルを非常に魅力的に感じさせる欠点がいくつかあると語りました。

同時に、2D 図面を置き換えるのはよいアイデアのようですが、企業全体で 3D モデルを大規模に導入するとなるとさまざまな障壁が存在します。たとえば、文化的な準備態勢、技術的な準備態勢、契約義務などです。その対処には少し時間がかかるかもしれませんが、得られるメリットを考えるとその価値が十分にある、とラメシュ氏は述べています。

3. Unlock the Value of Legacy Data (レガシー データの価値を引き出す)

皆さんは、これまである程度の期間にわたって CAD をご使用ですか。皆さんの会社はどうでしょう。答えが「はい」の場合は、恐らく、CAD 環境のアップグレード時に前進させる必要がある CAD モデルを豊富にお持ちでしょう。

このブログ投稿記事では、エキスパート執筆者のモニカ・シュニットガー (Monica Schnitger) 氏が、レガシー データを移行する際の基本的なワークフローについて説明しています。”すべてを一度に実施する” アプローチ、”必要に応じて実施する” アプローチ、そしてもう 1 つの戦略はその中間にあたります。

4.Daktronics Designs Huge Visual Communications Systems with PTC Creo (Daktronics 社、PTC Creo で巨大なビジュアル コミュニケーション システムを設計)

Daktronics Inc. という社名を聞いたことのない方でも、恐らくこの企業の製品のことはご存知でしょう。Daktronics 社は、皆さんがよく目にする巨大スコアボードやビデオ ディスプレイを創り出してきた企業です。同社では、その実現のために PTC Creo を使用しています。このブログ投稿記事では、Daktronics 社が、ニューヨーク シティのタイムズ スクエアのコーラ瓶ディスプレイをはじめとする自社最大の快挙のいくつかについて語っているビデオを紹介しています。

このビデオでは、Daktronics 社がロサンゼルス国際空港で行ったすばらしい仕事の一部も紹介しています。

5.How PTC Creo 3.0 Just Reinvented Concept Design (PTC Creo 3.0 による構想設計の刷新)

優れた構想設計を生み出す方法はさまざまです。たとえば、数多くのベンダーが無料ダウンロードを提供している 2D スケッチ アプリケーションを使用できます。または、もっと精度の高い方法を利用して、非常に詳細で完全にレンダリングされた真に迫る 3D モデルを生成することもできます。このブログ投稿記事では、PTC Creo 3.0 における迅速で柔軟な構想設計をサポートするテクノロジの概要を簡単に説明しています。そうしたテクノロジには、PTC Creo Sketch (無料でダウンロード可能) や PTC Creo Layout などが含まれます。

この投稿の“カテゴリー”: Creo 3.0 の新機能 、タグ: , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>